バレー女子決勝 健大高崎-西邑楽 高さを生かした攻撃で、スパイクを放つ健大高崎の竹内(右)

 バレーボール女子は全日本高校選手権(春高バレー)に出場した健大高崎が6大会ぶり6度目の栄冠をつかんだ。

(15日、桐生大学グリーンアリーナほか)
 【女子】▽準決勝
健大2―0商大 西邑2―0高女

 ▽決勝

健大高崎 2   25―23   0 西邑楽
25―23

 

 ※男子の前橋商は2大会ぶり11度目、女子の健大高崎は6大会ぶり6度目の優勝。男子上位6校、女子上位4校は関東大会へ。

 試合後、竹内優生主将は「ほっとしました」と振り返った。1月の春高バレーで活躍し、代替わりした新チームでの主将を担う。チームの成績と個人としての活躍が期待される...