堀越啓仁氏

 今夏の参院選で、立憲民主党元衆院議員の堀越啓仁氏(42)=玉村町=が比例代表で同党から立候補する意向を固め、複数の関係者に伝えていることが16日、分かった。党本部から打診を受け、堀越氏が検討していた。候補者擁立に関し、党本部が詰めの調整をしている。

 上毛新聞の取材に、堀越氏は「現段階ではコメントできない」と述べるにとどめた。衆院議員として環境分野や動物福祉分野で精力的に活動してきた実績をアピールしていくとみられる。

 堀越氏は下仁田町出身、大正大卒。2016年参院選群馬選挙区に民進党公認で出馬し、落選。17年衆院選に旧立民から比例北関東ブロック単独で立候補し、初当選した。21年の衆院選は群馬2区に立民から出馬したが、落選した。