レーザーを避けて任務達成を目指す新アトラクション

 戦国大名、真田氏の拠点となった岩櫃(いわびつ)城跡にちなんだ忍者道具の展示と体験施設「岩櫃真田忍者ミュージアム(にんぱく)」(群馬県東吾妻町原町)が、開館1周年を記念した新アトラクション「にんぱくレーザートラップ NARUKO」を21日から稼働させる。フロアに張り巡らされたレーザーを忍者のような身のこなしでかいくぐり、任務達成を目指す。

 触れるとカタカタと音を立て、侵入者を知らせる鳴子のわなをイメージしたアトラクション。暗いフロア内に張り巡らされたレーザーに触れずに移動し、壁際にある6個の赤いボタンを制限時間内に押すと任務達成。レーザーに10回当たるとゲームオーバーとなる。

 レーザー数はイージーモード(制限時間1分)が6本、ハードモード(同1分半)は18本。しゃがんだり、ほふく前進したりしながら素早く動く必要があるため、大人も息が上がる。

 同館は合同会社「岩櫃城忍びの乱」(斎藤貴史代表)が運営。真田幸村とVR(仮想現実)で戦うチャンバラゲーム、手裏剣投げなどの忍者体験ができる。新アトラクションについて、斎藤代表は「家族で体を動かして楽しんでもらいたい」としている。

 1周年を記念してレーザートラップは6月まで無料。入館料1人550円。午前10時~午後4時。祝日を除き水曜休館。