児童の負担軽減につなげようと、群馬県内の学童野球で今春から6回制や試合時間の短縮が導入され、4日までに主要2大会を終えた。関係者からは試合時間が短くなることでシートノックなど事前の練習時間が確保できることを歓迎する声とともに「守備重視」を掲げる意見も目立った。

 県内では全日本軟式野球連盟のルール改正に伴い、...