皇居でバイデン米大統領を出迎えられる天皇陛下=23日午前(AP=共同)

 天皇陛下は23日午前、来日しているバイデン米大統領と皇居・御所で会見された。宮内庁によると、バイデン氏は「日本とは大変強い絆があり、アジア太平洋地域で最も重要なパートナーです」と述べ、陛下は「今回の訪問で日米の友好親善関係がさらに増進することを願っています」と応じた。会見は約30分で終了した。

 バイデン氏を乗せた車は午前10時ごろ、御所の車寄せに到着した。出迎えた陛下は英語であいさつを交わし、笑い声を上げる場面もあった。

 宮内庁によると、陛下は皇太子時代の2013年12月、副大統領として来日したバイデン氏と東京・元赤坂の東宮御所で懇談している。