山本知事(中央)を表敬訪問した阿久沢社長(左)と五十嵐選手

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)群馬クレインサンダーズの阿久沢毅社長と五十嵐圭選手が23日、群馬県庁に山本一太知事を訪れ、1年間の活躍を報告した。

 サンダーズの昨季の通算成績は25勝30敗で、B1昇格チームの初年度としては最多勝利数だった。勝率の4割5分5厘も最高勝率を更新した。

 阿久沢社長は「皆さんの応援のおかげで、最初のシーズンとしては手応えを感じた」と感謝した。サンダーズの名誉顧問も務める山本知事は「勇気と夢を与えてくれてありがとう。全国制覇の野望を持って高みを目指してください。県としても応援していきます」と応えた。