群馬県みどり市で住宅が全焼し、暴行を受けた男性(73)が殺害され現金などが奪われた強盗殺人・放火事件で、県警桐生署の捜査本部は24日、現住建造物等放火の疑いで、同市、フィリピン国籍のアルバイトの男(38)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、3月30日夜、何らかの方法で放火し、男性方を全焼させた疑い。

 事件を巡っては、捜査本部が今月2日、殺意を持って男性の体を何らかの凶器で多数回殴打するなどして殺害し、現金などを奪ったとして、強盗殺人の疑いで男を逮捕していた。

記事全部はこちらのページから

【こちらも】顔見知りのフィリピン国籍男を逮捕 強盗殺人の疑い みどり市の殺人・放火事件 群馬県警
【こちらも】みどりの男性殺害・放火 強盗殺人容疑で男逮捕 地元住民は安堵と驚き