群馬県前橋市千代田町の空き店舗を活用したパン屋「はるぱん」の開店を目指して専門学校の同級生2人が挑戦していたクラウドファンディング(CF)が25日までに、目標額の200万円を達成した。

 同市中心街の活性化を目的に、改修工事をしてきた。今月上旬には厨房(ちゅうぼう)に機械の搬入が終わり、今秋の開店に向けて売り場の内装を整えている。

 店主の中村榛花さん(25)は「CFを通じてはるぱんを知ってもらった方もいる。イベントに出店した時には応援の言葉ももらい、感謝の気持ちでいっぱい」と話している。

 CFは予定していた6月1日まで継続する。新たな返礼品として、オリジナルTシャツも追加した。