アピアランスケアの専門店「リノレア」をオープンする角田さん

 がんの治療に伴う見た目の変化に対応する「アピアランスケア」の専門店が26日、前橋市本町の中央通り商店街にオープンする。抗がん剤の副作用や脱毛症による脱毛のほか、治療や疾患で見た目に悩みを持つ女性向けに、ヘッドスカーフやウイッグ(かつら)、乳がん用下着などを販売する。

 店舗は前橋まちなか研究所として市民に開放されていたスペースを改装してオープンした。運営者の田中仁財団(田中仁代表理事)から、起業家の挑戦の場所として借り受ける。期間は5年間。

 専門店を開設するのはオリジナルヘッドスカーフ「LINOLEA(リノレア)」を製造・販売するアルモニア代表の角田真住さん。当事者として同じ悩みを持つ人たちから課題を聞き取り、商品開発を進めてきた。

 ヘッドスカーフ以外は、アピアランスケアの関連商品を扱う県内外の専門メーカーから仕入れる。カウンセリングスペースを設けて相談を受け付けるほか、試着も可能。角田さんは「悩んでいる人に選択肢を提案し、トータルにサポートしていきたい」と話す。

 日、月曜定休。問い合わせは同社(☎090-9313-1409)へ。