前橋地方気象台によると、27日の群馬県内は、上空の寒気や湿った空気の影響で、昼前から夕方にかけて、雷を伴い多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。警報級の大雨となる可能性がある。
 
 気象台は夜遅くにかけて、土砂災害や低い土地の浸水、落雷や竜巻などの激しい突風などに注意するよう呼びかけている。