27日午前9時55分ごろ、埼玉県鴻巣市本町のJR高崎線鴻巣駅で、二宮発籠原行き下り普通電車(15両編成)が、停止位置を約17メートル行き過ぎて止まった。乗客乗員にけがはなかった。

 JR東日本高崎支社によると、雨を考慮したブレーキの操作ができなかったためとみられる。

 停止位置を誤ったことに伴い、乗客は同駅での乗り降りができず、電車は約5分遅れて次の北鴻巣駅に進んだ。

 鴻巣駅で降車予定だった乗客は北鴻巣駅で降り、乗車予定だった乗客は後続電車に乗ったという。

 この電車を含め、上下計2本に遅れが発生し、乗客約320人に影響した。