27日午後5時45分ごろ、前橋市江田町のJR上越線井野―新前橋間で、高崎発小山行き下り普通電車(4両編成)が走行中に異常を知らせる信号を受け、停車した。乗客乗員にけがはなかった。

 JR東日本高崎支社によると、この影響で上越線高崎―新前橋間と、両毛線新前橋―桐生間の上下線で一時運転を見合わせた。安全を確認したうえで約1時間後に運転を再開。上下4本が運休(区間運休含む)し、上下10本が最大約55分遅れた。乗客約3700人に影響が出た。