刑期を終えて、東日本成人矯正医療センターから出所した重信元幹部‖28日午前7時55分ごろ、東京都昭島市
東日本成人矯正医療センターから出所直後、支援者や報道陣に手を振る重信元幹部‖28日午前7時55分ごろ、東京都昭島市
東日本成人矯正医療センターから出所し、報道陣の取材に応える重信元幹部‖28日午前8時10分ごろ、東京都昭島市の公園

 連合赤軍の源流、赤軍派を経て1970年代に数々の国際テロを起こした「日本赤軍」の最高幹部を務めた重信房子受刑者(76)が28日朝、東京都昭島市の東日本成人矯正医療センターを出所した。約21年半の勾留・服役を終えた。

 重信元幹部は出所後、報道陣の取材に応じた。「50年前、自分たちの戦闘を第一にしたことで、見ず知らずの人に被害を与えたことがあった。おわびします」と語った。連合赤軍事件などで仲間を失ったことも重く受け止めているとした。

 がんを患っており、友人や刑務所関係者ら多くの人の支えがあって生きて社会復帰できたと感謝した。今後は「さまざまなことに好奇心を持ち」、まずは治療に専念するという。

 「一方の情報、警察情報といったものだけをうのみにせず、テロリストと言われる人がいれば、なぜその人がテロリストと言われるのか、意図を読み取ってほしい」とも述べた。