群馬県内は29日、高気圧に覆われて広く晴れ、気温が上昇した。上里見(高崎)では最高気温が全国一の35.2度を観測、今年初めて35度以上の猛暑日となった。

 強い日差しが照り付ける中、JR高崎駅前では道路に水たまりがあるように見える「逃げ水」が現れ、日傘を差して歩く人たちの姿も揺らいで見えた=写真

 前橋地方気象台によると、最高気温はほかに前橋34.3度、館林34.0度など。13観測地点中9地点で30度以上を記録した。