増やし過ぎた人工林を自然林に―。こうした考えを持つ人は少なくないように思います。

 生物多様性の復元と持続的な地域づくりを目指して20年近く活動している赤谷プロジェクトでは、当初約3千ヘクタールあった人工林のうち3分の2を自然林に戻そうとしています。土壌や気象条件などが適さない場所、国産材の需要が低迷する中で運送コストがかかり過ぎる奥山を、持続的な林業を営む場所とは区別して自然林復元エリアと位置付けています。

 ここでの赤谷プロジェクトらしさは「全国の森林管理への提言」です。森づくりは土地の特性を踏まえ、手間暇をかけることが理想だと考えます。しかし、全国で問題視されている拡大し過ぎた人工林を大規模に自然林に復元するためには、効率性や業務発注形態を踏まえた実効性のある手法開発が必要です。

 そこで、全国のモデルを目指す赤谷の森の試験地では、できるだけ効率的に復元するために①伐採面積や幅を変える②広葉樹を残す③植樹する―など条件を変え、科学的な検証を重ねています。

 伐採前から伐採後数年おきに丁寧な植生調査を続け、いつ、どのような種がどれくらいの本数、太さ、高さで成長しているかといった、森林再生の過程を記録しています。

 着手時期の異なる複数の試験地を歩くと、伐採直後の様子から数年後、十数年後の姿を体感として比較することができます。十数年ではまだまだ森とは言い難い印象です。森林再生は100年規模の取り組みであると、森を切り開き過ぎたことの次世代への責任を痛感しています。

 ところで、毎年実施されている植生調査は、専門家らと一定区画内の植物を記録していく作業です。経験の浅い私でも、調査補助を通して植物の見分けがつくようになってきました。植物を識別できて楽しくなる感覚は、地域で知り合いが増える感覚とも似ているようです。

 食べられる植物やモノづくりに生かされる植物が身近に多く存在する事実は、豊かさを実感することに直結すると思います。また、同じように見えていた世界が実は多様であることや、それぞれの植物に適した生息環境があることにも気付かされます。伐採直後に勢いよく土地を覆って生息期間は長くないタラノキやクサギなどがある一方で、それらの陰に耐えて枯れた後に大きく成長する高木種があり、植物はそれぞれ戦略的に生きているように見えます。

 今後の激動の時代を生き抜くヒントとして、植物の生きざまや自然の摂理を知っておくことは有意義だと考えます。本来の自然応答が把握されていれば、今後、気候変動や生物の多様性を失ったことなどによる影響が生じた時に、いち早く気付いて対策を講じることができるでしょう。

 【略歴】土木資材メーカーを退職後、カナダに渡りNPOなどでインターンを経験した。2021年から現職。大阪府出身。京都大大学院修士課程修了。

2022/5/31掲載