ヒロミさん(右端)と談笑するウクライナ避難民ら

 タレントのヒロミさんが30日、テレビ番組収録のため群馬県桐生市梅田町の鳳仙寺を訪れ、ロシアによる侵攻を受けてウクライナから親族のいる同市に避難してきた5人と交流した。

 日本が誇るさまざまな伝統技術や先人の知恵などを紹介する番組で、今回は「日本刀」がテーマ。ヒロミさんは昨年末から、市内の刀工、工藤将成(本名・芳洋)さんらの下で修業を積んできた。

 避難民5人は招待を受けて収録現場を訪れた。5人の親族で同市に住むオジブコ・スウィートラーナさん(45)は「ヒロミさんはサインをくれるなど優しい人だった」と笑顔だった。

 番組は6月24日午後7時からBS日テレで放送予定。

【こちらも】高崎、テレビで“主役級”? バラエティー番組に露出次々 あす、1日も
【こちらも】「高校時代、言えないこといっぱい(笑)」 群馬でたくさん仕事を 渋川清彦さん《グンマスター》