降ひょうで地面に落ちたウメの実=高崎市下里見町(読者提供)

 県内は2日、上空に流れ込んだ寒気の影響で大気の状態が不安定になり、夕方から広範囲で雨が降った。高崎市や藤岡市など西毛地域では一時、雨が強く降り、ひょうも確認された。

 藤岡市内ではゴルフボール大のひょうが降り、車のボンネットがへこむなどした。同市によると、窓ガラスが割れるなどの被害を受けた市民から110件の問い合わせがあり、69人にブルーシートを配布した。校舎の窓ガラスが割れた影響で、藤岡一小と藤岡北中は3日、休校するという。

 安中市内でもカーポートに穴が開くなどの被害があった。高崎市幹部は2日夜、市内で農作物や自動車が傷んだり、建物の窓ガラスが割れるといった被害情報があるとし、被害状況を広く調査する考えを明らかにした。

 前橋地方気象台によると、3日も昼前から夜にかけて大気の状態が不安定になり、雷雨になる地域がある見込み。

【動画】各地の降ひょうの様子はこちらから