旧沢田小に整備される木材活用センター。グラウンドは木材置き場となる(町提供)

 まちづくりビジョンで掲げる「教育環境の充実」「産業の振興」「交流人口の増加」といった六つの柱を軸に事業を展開する。予算規模は過去最大となった。

 教育環境の充実として、新型コロナウイルス下での学生生活を支援するため、本人か保護者が町内に在住している大学生や専門学校生らに10万円を給付。総合運動場の施設改修も...