4回を無失点で抑えたビックの勝股=小倉クラッチ・スタジアム

 女子ソフトボールの「ニトリJDリーグ」第9節桐生大会最終日は5日、群馬県桐生市の小倉クラッチ・スタジアムで開かれ、ビックカメラ高崎は2―0で日本精工に勝利し、14勝3敗で東地区首位を維持した。太陽誘電は4―0で伊予銀行を下し、9勝8敗で5位。

 次節は11日、ビックがタカギ北九州と、誘電は東海理化とそれぞれ対戦する。

 ▽第9節(5日)
日本精工(5勝11敗)
0000000|0
002000×|2
ビックカメラ高崎
(14勝3敗)
【日】後藤―桑畑、重石【ビ】勝股、藤田―我妻

勝股→藤田の完封リレー

 初代女王を狙うビックカメラ高崎が勝股美咲、藤田倭の完封リレーで、日本精工打線に付け入る隙を与えなかった。

 先発勝股は4回を4安打8奪三振の好投。走者を出しても要所を締め...