群馬、栃木、茨城、埼玉の4県のドラッグストアで医薬品などを万引きしたとして、群馬県警富岡、安中両署と機動捜査隊は6日、ベトナム国籍の容疑者2人を摘発し、窃盗事件など51件(被害総額267万6945円)を前橋地検高崎支部に送検して捜査を終結したと発表した。

 県警の発表によると、犯行は昨年9月~今年3月ごろ行われたとされる。51件の容疑の内訳は窃盗49件、窃盗未遂1件、入管難民法違反1件。

群馬の事件事故の記事はこちらのページから