群馬県警組織犯罪対策課と高崎北署は6日、詐欺の疑いで、相模原市の建設作業員の少年(17)を再逮捕した。逮捕は3回目。

 再逮捕容疑は仲間と共謀して3月30日、静岡市の女性(83)方に女性の息子や上司などを装い、「会社の重要な書類を間違えて送ってしまった。至急現金を用意してほしい」「渋滞で取りに行けないので、上司の孫を向かわせる」などと複数回うその電話をかけた。同日午後5時ごろ、上司の孫を装った少年が女性方近くの路上で、紙袋に入れた現金100万円を受け取り、だまし取った疑い。

 県警は捜査に支障があるとして、少年の認否を明らかにしていない。

 県警によると、現金を渡した後に連絡が途絶えたことを不審に思った女性が静岡県警に相談して発覚した。群馬県警は県内の高齢女性が被害を受けた同様の事件で4月25日に少年を逮捕し、5月16日に再逮捕していた。その後、少年が静岡市の事件への関与をほのめかす供述をし、防犯カメラの映像などから3回目の逮捕につながった。

群馬の事件事故の記事はこちらのページから