梅雨空の下、きれいな花を咲かせるハナショウブ

 館林花菖蒲(はなしょうぶ)園(群馬県館林市尾曳町)のハナショウブが咲き、雨露にぬれた紫色や青色の美しい姿が来園者を楽しませている。市観光協会によると、今週末に見頃を迎えるという。

 5千平方メートルの園内に約100品種、4千株が植えられている。6日に栃木県佐野市から訪れた堀幸子さん(60)と母の恵美さん(84)は「雨にぬれていても絵になる。本当にきれい」と笑顔を見せていた。

 同園は3年ぶりの「たてばやし花菖蒲まつり」を19日まで開催中。10日まで園内の旧秋元別邸内部を公開し、11日はミス館林による花がら摘みの実演や、琴や尺八の演奏会がある。天気が良ければオープンカフェも開かれる。問い合わせは同協会(☎0276-74-5233)へ。