肝臓を構成する肝細胞に脂肪が沈着する「脂肪肝」。進行すると、肝硬変や肝細胞がんを発症する可能性がある。脂肪肝には主にアルコール性と非アルコール性があり、近年増加傾向となっているのが、飲酒が関係しない後者だ。今号では脂肪肝の原因や予防策をはじめ、改善効果が期待できる栄養やそれを含む食材、運動方法を紹介する。

 脂肪肝は肝細胞の5%以上(以前は30%以上)に脂肪が沈着している状態をいいます。肝臓には、タンパク質や脂肪の合成・代謝、有害物質を分解する解毒作用、糖分を貯蔵したり放出したりする役割があります。脂肪肝による炎症が強くなったり、長期化したりすると、肝臓内で組織が硬くなる「線維化」が起こり、血液の流れや肝機能が低下します。

飲酒関係なく発症

 脂肪肝は、過剰な飲酒が原因の「アルコール性肝疾患」と、肥満などの生活習慣が関わってくる「非アルコール性脂肪肝疾患」(NAFLD(ナッフルド))に大きく分かれます。厚生労働省によると、アルコール性肝疾患の国内の罹患(りかん)数は約3万3000人いますが、ほぼ横ばいで増えていません。

 一方、増えているのが非アルコール性のNAFLD。人間ドックを受けた30%に認められ、推定約2000万人が罹患しているとされます。多くは病態が進行しませんが、NAFLDの10~20%を占める「非アルコール性脂肪肝炎」(NASH(ナッシュ))は、大量に飲酒をしていなくても炎症を引き起こし、進行します。

 今回は増加するNASHを中心に取り上げます。NASHのうち5~20%は肝硬変に、そこから肝細胞がんの発がん率は5年で11.3%といわれています。進行すると命に関わるため、早期治療が肝心です。

肥満が最大リスク

 肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれます。一部の患者さんには倦怠(けんたい)感や睡眠障害が現れることもありますが、ほとんどの人は初期段階で自覚症状がありません。

 内臓脂肪量と肝細胞内の脂肪量は比例する関係にあり、NASHのリスクで最も重要な因子が肥満といわれています。肥満は、NASHを合併しやすい糖尿病や脂質異常症、高血圧を発症する可能性を高めるため、注意が必要です。さらに、睡眠時無呼吸症候群や心疾患、慢性腎臓病のリスクも高めます。

 食の欧米化や運動不足によって、摂取と消費のエネルギーのバランスが崩れる人が増えています。加齢とともに基礎代謝が落ちるので、食べる量が変わらなくても肥満傾向になることもあります。

 規則正しい食生活や適度な運動が予防法となります。カロリーや糖分、脂質の取り過ぎに注意し、肉や魚、野菜をバランス良く取ることが重要です。

 30分以上のウオーキングやジョギングといった有酸素運動と筋力トレーニングを取り入れると、基礎代謝が上がり、脂肪燃焼しやすくなります。少ない時間でもいいので継続することが大切です。

 脂肪肝全体は男性の罹患が多いですが、NASHでは男女差はありません。男性は中年太りが顕著となる40~50代がピーク。女性は閉経後のホルモンバランスの変化で50代以降に増加します。まれに、若い女性を中心に無理なダイエットで「低栄養性脂肪肝」を引き起こすこともあります。

糖尿病薬で改善も

 脂肪肝は超音波・MRI・CTいずれかの画像診断と採血などで診断しますが、NASHの確定診断は肝臓の細胞を採取する生体検査(肝生検)を行います。スマートフォンを使い、肝機能・血小板・年齢などの数値を入力して進行リスクの推測もできます。

 治療は食事や運動療法、禁酒が基本となりますが、NASHの場合は薬物治療も検討します。脂肪肝そのものには保険適用となっている薬剤がないのが現状ですが、合併しやすい糖尿病、脂質異常症、高血圧に対する薬剤の一部には、効果があるという報告もあります。体内の糖を尿から排出して血糖値を下げる「SGLT2阻害薬」や食欲を抑える効果もある「GLP-1受容体作動薬」といった糖尿病の治療薬や、ビタミンEを含む薬などが挙げられます。

 肝硬変にまで進行すると、倦怠感や食欲不振のほか、眼球や皮膚が黄色くなる黄疸(おうだん)やおなかに水がたまる腹水、むくみなどの症状が現れやすくなります。こうなるとかなり危険な状態で、肝臓の機能が正常に戻ることは難しくなってしまいます。

 日頃から体重や血圧などを自己管理し、定期的に健康診断や人間ドックを受けることが早期発見につながります。中性脂肪やコレステロール、肝機能の数値に異常があれば、早めに医療機関を受診してください。早期であれば脂肪肝は改善する見込みがあります。生活を見直しながら、治療を進めていきましょう。

 

 普段なかなか体を動かす時間が持てないので、仕事中にエレベーターを使わずに階段を上り下りしています。毎日1万歩を目標に、スマートフォンのアプリを活用し、歩数を記録して楽しみながら取り組んでいます。食品のカロリー表示を確認してバランスの良い食事を心掛け、こまめに体重を測って適正体重の維持に努めています。(鈴木)


 

肝臓病の治療薬
ウイルス排除や機能正常化

 脂肪肝には保険適用となる薬剤がほとんどないため、ここでは肝臓病に関わる治療薬を紹介します。日本人に最も多い肝臓病はウイルス性肝炎といわれ、B型肝炎とC型肝炎が多くを占めます。C型肝炎は放置していると、肝硬変や肝がんに進行する場合もあります。

 C型肝炎に対する従来の治療は、インターフェロンの注射を基本としていましたが、近年ではウイルスの排除を目指す飲み薬「直接作用型抗ウイルス剤」の治療が第一の選択薬として用いられるようになりました。直接作用型抗ウイルス剤のハーボニー配合錠などは、2種類の抗ウイルス薬を含有しており、それぞれの効果が発揮されて高い確率でウイルスを排除します。価格が大変高額なため、自己負担を軽減する公費負担医療制度の活用が必須です。

 別の治療として、ウイルスを攻撃するのではなく、肝臓の機能を正常化して症状の進行を抑える肝庇護(かんひご)療法が以前より行われています。ウイルス性肝炎以外の肝機能異常の改善にも広く用いられます。代表的な薬としては、グリチルリチン製剤やウルソデオキシコール酸、漢方薬の小柴胡湯(しょうさいことう)や脂肪肝でも唯一使用されるEPLカプセルやがあります。

 これらは効果が穏やかで安全性も高いですが、ウルソデオキシコール酸は、肝臓でつくられる胆汁酸の分泌を促進するため、胆道閉塞症の方は服用できません。また、小柴胡湯はインターフェロンとの併用が禁止され、同様の漢方薬との併用も注意が必要です。詳しくは、主治医やかかりつけ薬剤師に相談してください。

協力/群馬県薬剤師会