県歯科医師会 常務理事 高瀬 裕志さん 県歯科医師会 常務理事 高瀬 裕志さん

 「歯がしみる」主な原因は、知覚過敏という状態です。歯周病や加齢、強いブラッシングなどで歯茎が下がり、歯の内側にある象牙質という部分が露出することで起こります。

 ゴシゴシ歯磨きするのはやめてください。歯ブラシの毛先が広がらない程度に軽い力で小刻みに動かしましょう。知覚過敏に対応した薬用の歯磨き粉を使うのも良いでしょう。

 「歯が痛い」と感じるようになると、虫歯の進行も考えられます。歯の神経がダメージを受けると、痛みが持続します。放置すると、痛み止めの薬もすぐには効かないような激痛が襲ってくることもあります。神経活動が完全に失われると一時的に痛みが和らぎますが、歯の根の先端から顎の骨の中に細菌感染が広がり、顎が腫れることもあります。さらに、手のひらや足の裏に膿を生じる掌蹠膿疱(しょうせきのうほう)症という皮膚の病気が発症することもあります。

 そのほか、歯が割れたり折れたり、直接の原因がなくても「歯が痛い」と感じる非歯原性歯(ひしげんせいし)痛という異常もあります。このように「歯がしみる、痛い」原因は多種多様です。知覚過敏なのか、虫歯なのか、あるいは違う原因があるのか分かりにくいので、早めに歯科医院を受診して原因を確かめることをお勧めします。

協力/群馬県医師会