群馬県警沼田署は8日、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで、みなかみ町に住む県職員の男(58)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後1時15分ごろ、沼田市上原町の市道で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、容疑を認めている。署員が捜査車両で信号待ちしていたところ、片側2車線の市道を逆走する車を発見。現場に向かうと、職員の車が歩道側の植え込みに突っ込んで停止していた。酒の臭いがしたため飲酒検知を行った。

 県によると、職員は休日だった。人事課は「事実関係を承知していないが、県職員が逮捕されたことは誠に遺憾。事実関係を確認した上で、厳正に対処したい」とコメントした。

群馬の事件事故の記事はこちらのページから