群馬県高崎市の「上野三碑」にちなんだコンサートが8日夜、同市の高崎芸術劇場で開かれた。実寸大の碑のレプリカが飾られたステージで、群馬交響楽団の弦楽奏者10人が美しい音色を響かせた=写真

 タイトルは「上野三碑×群響―母への愛と感謝のハーモニー」。三碑の一つ、山上碑が亡き母のために建てられた由来を踏まえ、NPO法人上野三碑をつなぐ会が親子を対象に開いた。

 バッハ「G線上のアリア」、民謡「五木の子守歌」など10曲が披露され、親子で手拍子をしたり、踊ったりして楽しむ場面もあった。