大麻草を販売したとして、群馬、沖縄両県警の合同捜査本部は9日までに、大麻取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで、埼玉県熊谷市、無職の男(26)=同法違反の罪で公判中=ら男4人を再逮捕した。

 他に再逮捕されたのは、いずれも住所不定の無職で公判中の前橋市出身の男(21)、桐生市出身の男(23)、足利市出身の男(22)の3容疑者。26歳の男、23歳の男の逮捕は5回目で、21歳の男は4回目、22歳の男は3回目。

 4人の再逮捕容疑は共謀して2021年8~10月、埼玉県内のコンビニエンスストアから、3回に分けて大麻草計約300グラムを代金計90万円で大分市の男性宅に発送し、譲り渡した疑い。県警は4人の認否を明らかにしていない。県警は大麻草の入手経路などを調べている。

群馬の事件事故の記事はこちらのページから