サクランボ狩りを楽しむ園児たち

 サクランボが収穫の季節を迎え、沼田さくらんぼ組合(阿部重幸組合長)は9日、沼田市沼須町のあざみ園で今季の開園式を開いた。市内の利南幼稚園の園児がサクランボ狩りを体験し、甘酸っぱい旬の味覚をおいしそうに頬張った。

 同組合によると、今年は豊作。園内には「佐藤錦」や「紅さやか」の赤い実が鈴なりに実っていた。今後、収穫の時期を迎えた農園から順次開園する。サクランボ狩りは7月中旬ごろまで楽しめる。

 問い合わせは市観光協会(☎0278-25-8555)へ。