上武大―福岡大 9回表上武1死三塁、山下の内野ゴロが敵失を誘い、同点のホームを踏んで雄たけびを上げる阿部=神宮

 全日本大学野球選手権第4日は9日、神宮球場で準々決勝が行われ、上武大(関甲新)が九回に5点を奪い福岡大(九州六大学)に5-3で逆転勝ち。10日は休養日で、11日の準決勝は上武大―仏教大(京滋)、東日本国際大(南東北)-亜大(東都)の顔合わせとなった。

 

 

 ▽準々決勝
上武大(関甲新)
000 000 005―5
000 000 300―3
福岡大(九州六大学)

 ○…上武大が土壇場で試合をひっくり返した。3点を追う九回、小山の死球、進藤の二塁打で好機をつくり、河野の2点適時二塁打で1点差に。さらに山下の内野ゴロが相手の失策を誘い同点に追い付くと、門叶が押し出し四球を選んで勝ち越した。...