マナリスさんのツイート
七つの看板が所狭しと並ぶ「すき家 高崎緑町店」=9日夜

 「想像の10倍自己主張が激しかった」ー。群馬県高崎市の国道交差点にある牛丼チェーン「すき家 高崎緑町店」を撮影した写真がツイッターで話題だ。屋号を記した赤色と黄色が基調の看板7枚が所狭しと並んでいる。

 1000日近くすき家に通っているというマナリスさんが7日午後、友人から送られた写真をツイートした。多くの人に注目され、10日午前9時時点で5万2000以上のリツイートがあった。

 写真上部には「安中」「下小塙町」「上大類町」と書かれた案内標識が写り込んでおり、「地元だ」「気付かなかった」など群馬県民からとみられるコメントが寄せられている。

 すき家(東京都港区)によると、店は1988年にオープン。2018年にリニューアルした際に、どの角度からも見えるようにと看板を現在の配置にした。同時に七つの看板が目に入る店舗は全国でも数店しかないという。担当者は「思っていた以上の反響をいただいた。多くの人にすき家を知っていただけたらうれしい」と話した。

>>ネット限定記事をもっと読む