性的少数者(LGBTQ)の支援団体「ハレルワ」(前橋市)は12日まで、群馬県高崎市のLUSHイオンモール高崎店で結婚の自由をテーマにしたチャリティーイベントを開いている。ハレルワメンバーと店員が多様性を象徴するレインボーカラーのマスクを着け、結婚の権利について来店客に伝えている。

 ハレルワと同店は4年前から店舗やオンラインでイベントを開いており、今回はLUSHの国内キャンペーン「結婚の自由をすべての人に」に合わせて企画した。

 日本では誰もが結婚できる権利を持つ一方、法律上は同性同士で結婚できない。結婚していないと、例えば命に関わるような事態のときにパートナーのそばにいられなかったりすることもある。そんな状況について、訪れた人たちは◯✕クイズやメンバーの話を通じて理解を深めていた。

 ハレルワの間々田久渚代表理事(30)は「同性婚は当事者だけでなく、周りでも『なんでできないんだろう』という認識が増えている。参院選の投票が一つのアクションになって、マイノリティーの課題こそ政治の力で良い方向に動かしてもらいたい」と力を込める。

 イベントは午前11時~午後5時。12日までの期間中に同店のチャリティー商品を購入すると、売り上げがハレルワに寄付される。