新型コロナウイルス感染症で、群馬県と前橋、高崎両市は11日、新たに10歳未満~80代の157人の陽性が判明したと発表した。県内の感染確認は累計9万9006人(うち321人死亡)となった。

 県によると、同日夕時点の病床使用率は9.4%。新たなクラスター(感染者集団)として、伊勢崎保健所管内の障害者福祉施設で入居者と職員計5人の感染が判明した。