群馬県伊勢崎市は11日までに、同市境地区の4公園で5月下旬から落書き被害が頻発しているとして、伊勢崎署に被害届を提出したと明らかにした。

 市公園緑地課によると、被害は5月26日~今月7日で、いずれも東武伊勢崎線境町駅の周辺に位置する境駅北、境三ツ木、境早川、境くすのきの各公園で確認された。トイレや遊具などに似たような絵が塗料で落書きされていたという。境駅北公園については、この間に2度の被害が確認されている。

 同課は防犯カメラの映像を同署に提出するとともに、巡回監視で警戒を強化する。「みんなの公園。きれいに使ってほしい」としている。