12日午後4時50分ごろ、群馬県伊勢崎市との境にある埼玉県本庄市で「女性が出血し倒れている」と通行人の男性から119番通報があった。救急隊が駆け付けると、伊勢崎市のブラジル国籍女性(43)が上半身を刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。同県警は13日に殺人の疑いで男を逮捕し、詳しい経緯を調べている。

 容疑者は住所不詳、アルバイト、ブラジル国籍の男(30)。逮捕容疑は12日午後4時50分ごろ、坂東大橋の歩道でブラジル国籍女性の胸などを複数回刺して殺害した疑い。

 同県警本庄署によると、容疑を認めている。ブラジル国籍女性と同居していたという情報がある。通報の約1時間後、伊勢崎署管内の交番前で、服に血が付いた状態で座り込んでいた。関係者によると、現場最寄りの八斗島町交番で当時は無人だった。警戒中の伊勢崎署員が発見した。

 ブラジル国籍女性を知るという60代男性によると、ブラジル国籍女性はブラジル国籍男や別の男性、子どもと暮らしていたという。12日午後、ブラジル国籍男と歩いて外出するのを見たとした。

 ブラジル国籍女性宅近くの女性は「昨年夏ごろ転居してきた。人付き合いはなく、どんな人か知らなかった」と話した。

 八斗島町交番近くの30代男性は「12日午後6時前後に警察車両がたくさん止まっていた」と振り返った。