見頃を迎えたハナショウブ

 赤堀花しょうぶ園(群馬県伊勢崎市下触町)のハナショウブが見頃を迎えた。紫色や白色、黄色の花が散策する人たちの目を楽しませている。

 同園は約800年前の農業用水路跡である国指定史跡「女堀」にある。市が1989年に史跡の保護、活用を目的にハナショウブを植栽し、現在は2万5000株が育てられている。

 市によると、咲き終えた花を摘み取るため、開園は19日まで。