群馬県警大泉署は14日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、大泉町、派遣社員の男(43)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前8時25分ごろ、同町西小泉の町道で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同署によると、容疑を認めている。男は知人宅から帰宅途中に乗用車と衝突し、駆け付けた署員がアルコールの臭いに気付いた。

群馬の事件事故の記事はこちらのページから