俳優の高崎隆二さん(74)=相模原市=が、剣術「新陰流」の創始者で戦国時代の兵法家、上泉伊勢守信綱を題材とした映画「それからの信綱(仮称)」を製作する。26日に、群馬県前橋市の昌賢学園まえばしホール(市民文化会館)で「制作委員会」の発足式を開く。映画製作や信綱に興味のある市民らに参加協力を呼びかけている。

 高崎さんは10年ほど前に舞台仕事で来県した際、顕彰活動を続ける上泉伊勢守睦会代表の閑野房次さんと出会い、信綱に興味を持った。それ以来、ドラマ化や舞台化といった信綱を広める活動に携わっている。

 映画製作は、信綱に縁のある同市の市民、特に若者に知ってもらおうと企画した。監督は、これまでに製作を共にした経験がある映画監 督の市川徹さんに依頼。俳優の五代高之さんが主演を務める。

 映画は、信綱が新陰流を世間に伝えるために旅に出る様子を描く予定。睦会も製作に協力する。

 発足式は26日午後6時から。制作委立ち上げの理由や、映画の内容などを説明する。演劇や映画に興味のある市内の高校生や大学生を中心に幅広く参加者を募集している。

 高崎さんは「撮影現場の一般公開や出演者募集など市民が参加しやすい形にする。ぜひ製作に携わってほしい」と話している。

 問い合わせは高崎さん(☎090-2933-2639)へ。