ヤマダデンキの男性用トイレに導入されるサニタリーボックスのイメージ

 家電量販店最大手のヤマダホールディングス(HD、群馬県高崎市栄町、山田昇社長)は、ヤマダデンキ全店の男性用トイレの個室にサニタリーボックス(汚物入れ)を設置する。7月1日から順次導入し、年内までに全店への設置を完了する。

 前立腺がんの治療や加齢のために尿漏れパッドや大人用おむつを着用する男性が、処理に困らないようにする。性的少数者が生理用品を捨てる際の利用も想定する。

 同HDでは2021年7月、従業員有志が「SDGsひろめ隊」を結成。持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて業務改善に取り組んでおり、サニタリーボックスの設置も発案した。

 男性用トイレにサニタリーボックスを導入する取り組みは、一部の自治体や商業施設に広がりつつある。

 同HDは「社会課題を『自分ごと』と捉え、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを推進していく」としている。