予備抽選で1番くじを引き、選手宣誓が決まった太田の小林主将=昌賢学園まえばしホール

 開会式の選手宣誓は太田の小林風斗主将に決まった。組み合わせを決める本抽選に先駆けて実施されたくじ引きの順番を決めるための予備抽選で1番を引き当てた。

 「一番右下を引く」と心に決めて壇上に。しかし、「真ん中のくじが大きく見えた」と、とっさの判断でこのくじに手を伸ばすと「1」の番号が。「前主将がやりたいと言っていた。引いた瞬間は驚いたが、自分もやりたかったのでうれしい」と笑顔がこぼれた。

 新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、多くの人に支えられ、野球に取り組めていることを強く実感する。「感謝の気持ちを表現したい」と晴れ舞台に臨む。

>>高校野球の記事はこちらのページから