2015年以来7年ぶりの夏の頂点を目指す健大高崎は、初戦で勢多農と農大二の勝者と戦う。近年、夏はあと一歩のところで苦汁をなめ続けており、覇権奪還を期す。

 春の県予選は1年生ら新戦力の活躍もあり準優勝。関東大会では関東一(東京1位)に敗れたが、その後の練習試合では県外の強豪に勝利するなどチーム力は上がっている。佐々木琉生主将は「関東大会で出た課題を少しずつ克服できている。大会までしっかりと準備したい」と力を込めた。

>>高校野球の記事はこちらのページから