春季関東地区大会県予選で8強に入ったシード校の高崎は、初戦で伊勢崎清明とぶつかる。

 伊勢崎清明は春の大会3回戦で、昨秋の大会を制した桐生第一を相手に1点差で惜敗した。伊勢崎清明の三塚遥太主将は「初戦でシード校と対戦したかった。やってやるぞという気持ち」と力を込めた。

 対する高崎の村松健心主将は「『シード校だから』と相手を迎え撃つつもりはない。初戦に全ての力をぶつける」と挑戦者として夏の大会に挑む。

>>高校野球の記事はこちらのページから