判決後の記者会見で涙を拭う丹治さん(前列右)

 「悔しい」「納得いかない」―。東京電力福島第1原発事故で避難した住民らが国に損害賠償を求めた集団訴訟で、最高裁が国の賠償責任を否定した17日、群馬訴訟の原告・弁護団らは判決後の会見で落胆や戸惑い、憤りなどが入り交じった複雑な思いを口にした。国が規制権限を行使したとしても事故を防げなかった可能性が高いとの判断について、「国が責任を負わなければ、事故の教訓が生かされない」と懸念する声もあった。...