男子400メートル障害決勝 力強いハードリングで優勝した柳田(農大二)

 男子400メートル障害は柳田聖人(農大二)が52秒48で危なげなく制した。17日に弟の聖大(同)が走り幅跳びで2位に入り、先にインターハイ出場権を獲得。重圧はあったが「大丈夫でした」と笑顔で振り返った。...