野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは19日、新潟・長岡市の悠久山野球場で新潟と対戦し、15―3の八回コールド勝ちした。通算成績は16勝13敗2分け。 次戦は29日午後5時から、埼玉・UDトラックス上尾スタジアムで埼玉と対戦する。

 ペガサスは2点ビハインドの二回に中道大波、高橋誠心、堀北彰人の適時打で5点を奪って逆転に成功。七回にも有間裕亮の適時打などで2点を追加し、八回には打者11人の猛攻で突き放した。...