群馬県警伊勢崎署は20日、県迷惑防止条例違反の疑いで、自称栃木県佐野市の自称パチンコ店従業員の男(37)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後9時ごろ、伊勢崎市内の商業施設で、中毛地域の女子高校生(17)のスカート内に動画撮影機能付きスマートフォンを差し入れるなどした疑い。

 同署によると「パンツが見たくなった」などと供述しており、容疑を認めている。来店客と店員が男を確保し、110番通報した。