群馬県警桐生署は21日、殺人未遂の疑いで、前橋市の会社員の男(37)を逮捕した。

 同署の発表によると、逮捕容疑は、20日深夜、群馬県桐生市内の駐車場で、自らの乗用車の助手席付近に前橋市の会社員の男性(24)がつかまっていることを知りながら車を発進させ、死亡する危険性が高いと認識しながら、振り落とすために加速や方向転換、急制動、蛇行を繰り返し、1・1キロほど走行した疑い。男性は軽傷を負った。

記事全文はこちら