はやぶさ2から射出されたカプセルが、猛スピードで大気圏に突入する様子を映し出すプラネタリウム

 天の川銀河を背景にオレンジ色の火球が宇宙空間を突き進む―。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」から射出されたカプセルが、猛スピードで地球の大気圏に突入する様子がプラネタリウムの大型ドームに映し出された=写真

 向井千秋記念子ども科学館(群馬県館林市)のプラネタリウムは、ドーム直径が県内最大の23メートル。天候に左右されず4Kデジタルの星空をいつでも楽しめる。

 6月は土、日曜に、はやぶさ2が小惑星りゅうぐうで試料を採取し、地球に送るまでを描いた映像作品「HAYABUSA2 REBORN」を上映している。栃木県栃木市から家族で訪れた白石旺汰郎君(8)は「はやぶさ2が小惑星の砂をちゃんと採ってきたのに感動した」と目を輝かせた。

 月曜休館。入館料は高校生以上330円。プラネタリウム観覧料は別途、高校生以上550円、小中学生220円。