ザスパクサツ群馬-浦和 前半35分、シュートを決めた高木(39)に駆け寄り先制を喜ぶザスパイレブン=正田醤油スタジアム群馬

 サッカーの第102回天皇杯全日本選手権は22日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬などで3回戦の16試合が行われ、J2ザスパクサツ群馬は1―0で前回大会優勝のJ1浦和に競り勝った。前半、FW高木彰人が先制点を決め、そのままリードを守り切った。主力選手で臨んだ浦和に対して、ザスパは若手中心で挑み、同じ浦和と対戦した2014年8月の天皇杯3回戦以来となるJ1勢撃破を果たした。

 ザスパは7月13日にJ1広島と対戦する。

ザスパクサツ群馬に関する記事はこちら

 〇…ザスパが虎の子の1点を守り切った。前半35分、DF岡本が中盤からペナルティーエリア付近まで...