フォトセッションでガッツポーズするシンボルアスリートとネクストシンボルアスリート(後列左が柳田、前列右が上野、前列右から4人目が見延)

 日本オリンピック委員会(JOC)は23日、日本の代表として戦う選手やチーム「TEAM JAPAN」のシンボルアスリートとネクストシンボルアスリートを決め、東京都新宿区のジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエアで認定式を行った。

 本県関係では、シンボルアスリートにフェンシング男子の見延和靖(ネクサス)とソフトボール女子の上野由岐子(ビックカメラ高崎)、ネクストシンボルアスリートに陸上男子100メートルの柳田大輝(東洋大、農大ニ高出身)が選出され、認定式で競技や社会貢献活動などへの抱負を語った。

 長く現役を続ける秘訣(ひけつ)を聞かれた上野は、「ソフトボールが大好きという気持ちとライバルの存在が大きい」と話し、「今でももっと上手くなりたいと思ってやり続けている」と話した。

 見延は自身が取り組む練習や試合で折れたフェンシングの剣を再利用する「折れ剣再生プロジェクト」を紹介し、「こうした社会貢献活動をほかの競技にも広げていきたい」と意欲を語った。

 柳田は「他の競技の方と交流し、自分も負けていられない気持ちになる」と同世代のアスリートとの交流で刺激を受けた様子だった。

 シンボルアスリートはTEAM JAPANを代表する存在で、「誰もが憧れるアスリート」の象徴。ネクストシンボルアスリートは次世代の日本スポーツ界をけん引していく若手選手。ともにJOCが認定し、スポーツを通じた社会貢献活動などによりスポーツの価値を社会に伝えていく役割を担う。