カーテンコールに応える劇団四季メンバー=23日、前橋市・昌賢学園まえばしホール

 劇団四季のオリジナルミュージカル「ロボット・イン・ザ・ガーデン」が23日、群馬県前橋市の昌賢学園まえばしホール(市民文化会館)で上演され、響き渡る歌声と力強い演技が観客を魅了した。24日も行われ、当日券を販売する。

 同名の人気小説が原作で、両親を亡くし無気力な主人公と壊れかけのロボットが旅路でさまざまな経験をし、大切なことに気付いていく心温まる感動の物語。ロボットのタング役は伊勢崎市出身で小中学校の同級生、長野千紘さんと生形理菜さんによるWキャスト。23日は長野さんが務め、24日は生形さんが出演する。

 上毛新聞社など主催。24日は午後1時半開演。当日券はS席9900円、A席6600円。B席は完売。

劇団四季に関する記事はこちらから